{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

滋賀 朝宮煎茶 やぶきた品種 -自在自シリーズ-

¥790 税込

送料についてはこちら

滋賀 朝宮煎茶 ~歴史の舞台裏の香り高さと滋味深さを感じたいなら~ 朝宮は滋賀県の最南端の地。信楽焼きの産地である信楽町にあります。鷲峰山(じゅうぶせん)という山を挟んで西側には京都府の宇治田原や和束といった茶産地も隣接しています。 「濃茶や玉露にする茶種 ~中略~ には平坦地が適し、煎茶種を造るには傾斜地がよいといはれ、現在でも煎茶の絶品は宇治郡ではあるが信楽によった山間部に産出している」という一節を、決して裏切らない、素晴らしい産地です。(出典:「煎茶志」長谷川瀟々居) 朝宮は何気なく標高が高いところで、このお茶の圃場も400m以上の地にあります。「山のお茶」ができます。「山のお茶」については弊店のコラムで書いていますので、ご興味ある方はご覧ください。 URLはこちらです↓ 山のお茶Ⅰ https://chashamikoto.com/column72.html 山のお茶Ⅱ https://chashamikoto.com/column73.html またこの煎茶は製茶工程において揉捻を行わず、精揉時に錘をかけずに作られています。柔らかく揉捻され、香り高く渋味が出にくいお茶に仕上げられています。香りの高さはお茶を淹れている時から感じられ、飲み終えてもその余韻は、長く続きます。 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 産地:滋賀県甲賀市信楽町上朝宮 生産者:小川 家 品種:やぶきた 栽培:畝仕立て ・・・・・・・・・・・・・・・・ お勧めの淹れ方 大さじすりきり1弱(約3g)の茶葉に90℃前後のお湯150cc 1煎目1分半、2煎目1分弱、3煎目2分 上記はひとつの参考です。 お茶は嗜好品ですのでお好みの淹れ方でお楽しみください。 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 原材料:緑茶 内容量:50g 賞味期限:発送から6カ月 保存方法:高温多湿・移り香を避けて冷暗所に保存 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 自在自シリーズは、「自らが自らに在る」というメッセージを込めています。

セール中のアイテム