{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

大分 太田釜炒り茶 やぶきた品種 -自在自シリーズ-

¥540 税込

送料についてはこちら

大分 太田釜炒り茶 ~香りで振り向かせるこうばしい緑茶〜 大分県太田は、市街から半時間以上南西に向かって登ったところ。茶園は、名水どころでもある竹田市と、大分市とを繋ぐ三ケタの国道や県道から脇道に入ると急に広がります。 パラグライダーの滑走にも適したような、なだらかな斜面上のチャノキの遥か向こうには、九重山を臨みます。 釜炒り茶は緑茶の一つ。ほうじ茶とは異なるものです。 緑茶は、生葉を熱することで酸化を止め、その後揉捻、乾燥することで作られます。日本で作られるお茶の半数以上を占める煎茶は蒸すことにより、また釜炒り茶は釜で炒ることにより酸化を止めています。釜炒り茶は、釜で炒って作られたためにそのように呼ばれているのです。 今では釜一つで全工程担うことは大変稀ですが、原理は同じ。この釜炒り茶も、ドラム缶を横にしたような製茶機械で炒られます。「釜香」という、こうばしい香りはこれによります。ほっこりと甘い香り、食べたくなる香り、香りで空腹が満たされるような香りです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 産地:大分県大分市太田 標高:360m~400m 生産者:久保 家 品種:やぶきた 栽培:畝仕立て 摘採:可搬型摘採機 ・・・・・・・・・・・・・・・・ お勧めの淹れ方 大さじすりきり1弱(約3g)の茶葉に90℃前後のお湯150cc 1煎目1分、2煎目45秒、3煎目1分半 上記はひとつの参考です。 お茶は嗜好品ですのでお好みの淹れ方でお楽しみください。 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 原材料:釜炒り茶 内容量:50g 賞味期限:発送から6カ月 保存方法:高温多湿・移り香を避けて冷暗所に保存 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 自在自シリーズは、「自らが自らに在る」というメッセージを込めています。

セール中のアイテム